プロフィール
風の暦
風の暦
Information
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2009年10月16日

『1Q84』

kaoriです。
私が村上春樹さんの作品を初めて読んだのは20年前。
友達が貸してくれた『ノルウェイの森』。
当時の私はがさつで幼稚だったので(今もあまり変わらないか)、
そのナイーブな世界が気持ち悪かった。
去年読み返してみたら全く印象が違っていて驚いた。
(ということは私もちゃんと成長しているのね)
松山ケンイチくんが主演で映画化されるのはとても嬉しい。

この秋、『1Q84』を読んだ。
小説家とは自分の内側を見つめさらけ出す職業だと誰かが言っていた。
吉本ばななさんだったかな。
『1Q84』はまさに村上氏が内側をさらけ出したものだ!
読んでいる私の内側にあるものも引きずり出した。
人には言えない感情やら妄想やら。

小説家はすごい。

是非感想を聞いてみたい友人がいる。
すごく素敵な文章を書く女性。感性がとても素敵。
今彼女は読んでいる真っ最中。


先程、近所のおじさんが花を届けてくれた。
見事な菊。
菊農家さんで不要になったものだそう。
    

Posted by 風の暦 at 11:44Comments(0)