プロフィール
風の暦
風の暦
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2010年10月29日

自分のほんとうの気持ち

kaoriです。

よしもとばなな著『アナザー・ワールド 王国その4』
→今読んでる。

フランス映画『モダン・ライフ』
→数日前に観た。

自分に嘘をつくこと。
自分のほんとうの気持ちを見失うこと。
それは、自分をひどく傷つける行為。
知らず知らずにやっている。
知らないうちに傷ついてる。
認識するのは周囲の人への恨みつらみ。
過去に向かって言う。
「あの時あの人にこうして欲しかった!」
それを口にして、更に自分を傷つける。
その場で言えれば苦しまなくて済むのに。

言えなかった自分のほんとうの気持ち。
押し込めて封じ込めた。

『モダン・ライフ』で、自分に嘘をつく行為と
それがもたらす苦しさを観た。

「仕事を辞めることも死も怖くないさ」
ほんとに?

「牛を売ったことは後悔してない」
ほんとに?

「怖い」「後悔してる」って言っていいのに。
言えばいいのに!

言えないのは私。
自分を傷つけて、その罪の意識でイライラしてる。

周囲の人は何にも悪くないよ。
自分が自分に嘘をつくからだよ。


『アナザー・ワールド』は、自分に嘘をつくことが
この世でいちばん悪いことだと知っている女性の話。



『モダン・ライフ』の舞台のような寒々とした先日の風景。

  

Posted by 風の暦 at 17:49Comments(2)独り言

2010年10月26日

メッセージ

先日、息子のよしくんが、
「お父さん、階段の3段目にある紙を見て」と言いました。

見てみると・・・。

     ↓
”つぎわたたみのへやのていぶるのした”と書かれた紙が丸まって
輪ゴムでとめてありました。

和室へ行くと・・
           ↓
”つぎわようふくたんすのうえ”とあり、たんすの上には、

        ↓
”つぎわべんじょのだいのした”

              ↓
トイレには”つぎわおとうさんがいつもうがいをしているせんめんじょ”

            ↓                          ↓
洗面所には”つぎわおしいれのなか” 押入れの中には”つぎわめんぼうのあるひきだし”

                     ↓
引き出しの綿棒の箱には”つぎわでんわのうしろ”

         ↓↓
電話の後ろに”とうとうおわりです”。

宝探しかと思いきや終わり????
するとメッセージの書いてある紙を折り始め・・・。



”たんじょうびおめでとう”

なんと!メッセージの”↓”のところを並べると、『たんじょうびおめでとう』に。
(”び”が抜けてしまったみたいですが・・・)

私の誕生日に、こんなプレゼントをくれました!
びっくり!こんな手の込んだことを考えるとは・・・。

「よし君!うれしいよ」と言うと息子は少し照れていました。

でも、”つぎわ”の”わ”は、”は”だからね~。

by shige


   

Posted by 風の暦 at 21:30Comments(0)家族

2010年10月21日

ハッピー!?

久しぶりにブログします。shigeです。

先日、義母の納骨が無事に終わりました。
すっかり季節は秋になりました。
今年の秋はイロイロとあった・・・・。


この間、地元の皆さんとお酒を飲む機会がありました。

隣で一緒に飲んでいた方と、晩酌の話になり、
彼は、発泡酒(350mL)1本と焼酎を飲んでいるそうです。

しかし、それは発泡酒を飲んだ後に、焼酎を飲むのでなく、
なんと、発泡酒を焼酎で割って飲んでいるそうです!
まるでホッピーのように・・・。

彼曰く、
「こうするとビールみたいで、のど越しもいいし、ものすごく効率よく酔えるんだよね~。
”ホッピー”じゃなくて、『ハッピー』だよ!飲むとハッピーになれるしね~。あはは!」

すると彼は、目の前にある発泡酒と焼酎でその『ハッピー』を作って
ご馳走してくれました・・・。

その後、悪酔いしました・・・・。(所々記憶が曖昧で・・・・。)


こんな強烈なお酒を飲んで酔いたいほど辛い事があるんです!お父さん達には!

でも、たまには良い酒を飲みましょうよ!

って事で大好きな鈴木酒店で美味しそうなお酒をゲット!
寺田本家の生原酒”なんじゃもんじゃ”。詳しくは鈴木酒店のブログをチェック!


このお酒アルコール度数が19~20%と高め!
良い気分で酔えて、次の日に残りません。
これぞまさに『ハッピー』では!?


by shige

  

Posted by 風の暦 at 23:36Comments(0)

2010年10月15日

地上天国

kaoriです。
ディズニーランドって”夢の国”だよね。
私はあの国に”地上天国”を見た。


ある人の本に書いてあった。
あの国に行くと、人が人を疑わない。
暗がりも危険な場所ではない、と皆が安心している。
泥棒も誘拐犯もいない、と皆が思っている。



あの国では、おじさんやおばさんまでも耳付きカチューシャを着けて歩いてる。
写真は若い女性の装着姿(後頭部)のみですが。


その他にしっぽやらキャラTやら。
そりゃもう沢山の人たちが装着している。
少々お疲れ気味の人はいても、楽しそうな顔ばかり。
あの国では皆、鎧を脱ぎ捨て、共に”地上天国”を実現している。
(少し大袈裟だな)

なのに!
その”耳”をつけている人をあの国の外で見たことがない!
あの国を出ると、また鎧を身につけ、”常識ある大人”に戻る。
(私はあの国の中でも鎧を着けているらしく、買ったことすらない)

あの国の外ではなぜ鎧が必要なのか?
なぜかな~。


来月のふれあい朝市で再び”フクシェア”やります。
しまい込んだ”耳”、連れ出しませんか?

服だけに限らず、帽子やストール,アクセサリーなどの服飾雑貨も大歓迎!
ご不要のモノがありましたらご提供くださーい。

または、使ってないけど手放したくない、というモノはありませんか?
「普段はちょっと・・・」というモノを、朝市で着けてみませんか?


手放すも手放さぬもアナタの自由。
鎧を脱ぐのも脱がぬのもアナタの自由。

誰のせいでもなくて自分の責任。
自由には責任が伴う。
  

Posted by 風の暦 at 16:44Comments(0)独り言

2010年10月09日

邑の映画祭

以前案内した”邑(むら)の映画祭”の最新情報です。
時間が少し変更になってます。


第3回 邑の映画会

 上映日 2010年11月3日(水・文化の日)
 場所   邑楽町立中野小学校 体育館
 上映日程
   12:30  アニメーション作品上映
          『アリチャン』  11分 瀬尾光世監督   
          『ポロンギター』 26分  小野豪監督
          『ライオンと歌』 16分  ポヤル監督
          『手』       19分 トルンカ監督
   13:45  休憩
   14:00  講演 小栗康平監督
   14:50  『有りがたうさん』 78分 清水 宏監督
   16:10  終演予定

 大人前売り1000円(当日1200円)
 大学・高校生500円
 中・小学生300円
 幼児無料

「これだけの作品を一度の会で、この値段で、大きなスクリーンで見られるのは
全国探してもきっと邑楽町だけ!」とのこと。

邑の映画祭ホームページ
http://blog.livedoor.jp/mura_cinema/  

Posted by 風の暦 at 22:19Comments(1)イベント

2010年10月06日

嫉妬

kaoriです。
「何でダメなのっ!」と叫ぶ娘にカーッ!
その口を片手でギュッとはさんで、大泣きされた。

悪いのは娘ではありません。
なぜダメなのかを彼女の目を見て説明しなかった。
「面倒くさいな~」と思いながら適当にあしらっていた。
彼女とも自分とも向き合っていなかった。
ダメなのは、私が世間体やら周囲の人の顔色やらを気にしてるからだよ、娘よ!
自分の中の「別にやってもいいじゃん!」というもう一人の自分を無視した。
しつこく「何で!?」と聞く娘が、自分を責める自分自身の声に聞こえたのさ!

大好きな『北の国から』の台詞に、
「黒板さん、誠意って何ですかね」
というのがある。

誠意って自分の感情を認めてあげることだと思う。
それがどんなに汚くても。カッコ悪くても。くだらなくても。


友人が会社を辞めた。家業を継ぐそうだ。
彼は会社や妻のことを度々愚痴っていた。
会社が忙しく連日残業。
疲れて帰ると、ろくに夕食も作らずに妻は寝てる。
ってな具合に。

それが、会社を辞めてから充実していて楽しくて仕方ないんだって。
新しい出会いがいっぱい。
妻もはつらつとしてる。当然関係もとても良い。

現在の充実具合を話す彼に、私の胸中には黒い雲が。
モヤモヤモヤモヤ。

以前から彼の話しを聞くのが苦手だった。
なぜなのか判らなかった。
それがわかった。


嫉妬!


彼は知り合いがとにかく多い。
遠方にもいる。
芸術家っぽいのやら金持ちやら。
彼らとの交流をあれこれ聞かされる。
趣味も多くて、いろんなことをやってる。

私はそんな彼に嫉妬していた。
彼と自分を比べて、自分にダメ出ししていた。
そわそわと落ち着かない。焦ってる感じ。

「私、この人のことがうらやましいんだ。」と認めた。
自分の中の嫉妬の感情を認めた。

そしたら楽になった。
モヤモヤが晴れていった。
彼への嫉妬という”感情の元”が消えたんだ!


なんで嫉妬したかを考えたらアカーン。

ちょっと考えちゃった。
気がつくと頭はクルクルクルクル・・・。
「また考えてる」と認めよう。
そして考えるのは終わり!






  

Posted by 風の暦 at 15:03Comments(3)独り言

2010年10月01日

仕事

kaoriです。
友人からよしもとばななさんの『王国』を借りました。
読み出してまだ数ページだけど、「いい!」
インナーチャイルドとお話しするというばななさん。
文章の一つ一つが深い。
じっくりとその奥にあるものを見極めながら読んでいる。

ちょうど先日あることがあって、この文章に身につまされた。

  ”自分が何かしてあげてると思ったらおしましだ”
  ”仕事とは神様の代理で働くこと”


ある友人が
「ある品物を使って人のために働きたい。」と言った。
一年ほど前のこと。
彼女の懐事情は知っていた。
私はその女性のことが大好きだった。
大好きな彼女のその話しを聞いて、いてもたってもいられず
その品物をプレゼントした。

驚いて恐縮する彼女。
でも受け取ってくれた。

善意の押し付けだったかな?
私は彼女に恩を売りたいのかな?
スッキリしないものがずーっと胸の奥にあった。

先日彼女に久しぶりに会った。
その品物は彼女の手を離れ、ある場所でみんなに喜ばれながら使われているという。
彼女も現在の管理者も、自分の利益を考えていない。
その品物が広く人に使われることが望み。
ほぼ原価で人に提供し、
集まったお金はすべて品物を買い足すことに使っているという。
利用者もそのシステムを理解している。
気軽にその品物を試すことができて、すごく喜んでいるという。

人が集まり、集まった人がハッピー、提供する側もハッピー。
胸のつかえがとれてスッキリした。嬉しかった。

これが本来の”仕事”というものか。
お金を活かすとはこういうことか。

”神様の代理”  

Posted by 風の暦 at 05:59Comments(0)独り言