プロフィール
風の暦
風の暦
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年04月29日

素直な心

kaoriです。
天皇皇后両陛下が宮城県内の避難所を訪問しました。
陛下の訪問を受けた方々の記事を読みました。

亡き妻の遺影を手にとってもらって感無量の男性。
話しを聞いてもらって「癒されました」という女性。
記事を読む私もなぜか泣けてくる。

遺影なんて、相手によっては触られたくもないじゃない?


皇室の存在ってなんだろう。
日本人の精神的支柱?


陛下の前では、人は素直になるのかも知れない。
陛下のどんな言葉も仕草も、
無垢な子どものように受け入れられるのかもしれない。
プライドも意地も何もなくなって、
ただ純粋な心で、眼差しで向き合えるのかも知れない。


現実は自分が創り出している、というのが宇宙の基本ルール。
自分の中にある不安や恐れやその他諸々を知るために
現実がある。

陛下は全ての不安や恐れを手放したところにいるのかな。
向かい合う人々に心の平安を与えるのはそのためかな。
現人神と言われるのはそのためなのかな。


もし「がんばりましょうね」って微笑まれたら、
きっと受け手は「ありがとうございます」って応える。

陛下が垣間見せてくれた”平和”。
ひとりひとりが無垢になったら、
みんなの心が平和になったら、
その時は世界中が平和。


改めて感じる。
ホ・オポノポノの教えの偉大さ。


ウニヒピリを放っておいて、外ばかり見ていた。
「あのね」と話しかけるウニヒピリに
「うるさい!」とか「あ~、後でね」とか冷たい態度。
背中を向けたきり、わかった顔して外の世界で孤軍奮闘。
ウニヒピリはやがて私に心を閉ざした。
高次の私のサポートも届かなくなった。


今私に必要なのは、自分のケア。
自分のウニヒピリのケア。

感情に流されてる自分に気づくこと。
誰かを批判したくなったら、
ウニヒピリが試しているのだと自覚すること。
そしてただただ詫びる。
ウニヒピリに詫びる。
今までの冷たい仕打ちを詫びる。

詫び続けると、感謝の気持ちが湧いてくる。
自分が愛おしくなる。

ウニヒピリの信頼を取り戻しつつあると感じる。

ありがとう。

  

Posted by 風の暦 at 17:44Comments(0)ブロック外し

2011年04月28日

ごめんね

私へ。

ウニヒピリ(インナーチャイルド)とのコミュニケーション不足だよ。
ウニヒピリの信頼を取り戻すには
地味なことをコツコツと続けることだよ。
それが続かないね。
すぐ頭で考えるね。
飛び級しようとするね。


「政府が悪い」「電力会社が悪い」論調にうんざりして、
他人への批判を口にしたね。
結局自分が傷ついたね。凹んだね。


現実ってのはさぁ、
すべて私の、人類の持つ”感情”や”思考”を
蘇らせるために起こっているんじゃないのさ!
クリーニングされるために、記憶が再生されているんでしょ?

私を不快にする出来事や人々があるんじゃないよ。
そう感じる要因が私の中にあるんだよ。

放射線が人間の健康を損なうんじゃないよ。
害を受ける要因が人間の中にあるんだよ。

現実に流されてクリーニングを忘れてるよ~!

ウニヒピリは私に、
「気づいて」「クリーニングして」と言ってる。
これまでずっと私は何もしてこなかった。
ウニヒピリの声を無視してきた。
常識という名の偏見を一方的に押し付けて行動してきた。

「言うことを聞いて!」は私が子どもによく言う言葉。
それは、私のウニヒピリの言葉。
ウニヒピリが私に向かって言っている。


今はひたすらウニヒピリに謝る。

ごめんね。
ごめんね。
ごめんね。

いつも背中を向けていてごめんね。
あなたの話しに耳を傾けないでごめんね。
ひとりぼっちにしてたね。

淋しかったね。
悲しかったね。

ごめんね。
  

Posted by 風の暦 at 15:40Comments(0)ブロック外し

2011年04月25日

何を恐れてるの?

kaoriです。

あるフリーペーパーを読んだ。
自然エネルギーに詳しい、ある有名な方へのインタビュー記事。

そこには放射線の害の恐ろしさがとうとうと述べられていた。
何の心配もしていない人を非難していた。
確率論だと言いながら、害が出るからきちんと対策すべきだとある。

読んだ私の胸の中に、巨大な暗雲が拡がり重く垂れ込めた。
胃の辺りが重くなり、胸が苦しくなり、頭がざわざわしている。

不安。
いてもたってもいられない不安。


あぁ。
私は今、強い不安を感じているんだ。
不安という感情の大波にのまれて、流されそうになっているんだ。

目を閉じて踏ん張る。

「子どもがガンになったらどうしよう!」
「子どもがガンになるのがイヤなんだ?」
「ガンになったらいけないの?」

自問自答する。

そんな思いを抱えていたんだね。
今まで一人で背負わせていてごめんね。
クリーニングのチャンスをくれてありがとう。
私はあなたを愛してるよ。


今、子どもは元気。
外はうす曇。
風が心地いい。
私は本を手にして立っている。

それが全て。
”この一瞬がすべてさ”

  

Posted by 風の暦 at 12:07Comments(0)ブロック外し

2011年04月20日

「すべての人は光」

kaoriです。
画家のAkiraさんのメルマガから。

======================================

あなたから見える
誰かの幸せも不幸も
その人にしか真実は分からない

彼らが変化するチャンスを奪ってはいけない

宇宙はベストなタイミングを
すべての人に与えてくれているから

==============================

AkiraさんのHPはこちら。
http://www.akira-blue.com/  

Posted by 風の暦 at 21:43Comments(0)

2011年04月07日

北風と太陽

kaoriです。

例えば、
友人の大切な何かを壊してしまった時、
やばい!と思う。
ひや~っとする。
内緒で修復を試みる。
そしてどつぼにはまる・・・。

例えば、
長年続いている地域の慣習。
もう止めた方がいいんじゃないかな、とは思っても
自分から言い出すことはできない・・・。


福島原発事故での、東電や政府の対応を批判する記事を読んだ。
記事を読み進むうち、泣けてきた。
「ごめんなさい。
私の中にも同じ弱さや醜さがあります。」


ホ・オポノポノでは言う。
全ては自分の責任。
現実を創り出しているのは自分。
社会が悪いのではない。
他の誰かが悪いのではない。

今このことを真摯に受け止める。

私の中の弱さ、醜さを認め受け入れる時、
現実が変わる。
世の中が変わる。


批判して相手を動かそうとすることは”北風”。
自分の中を見つめてクリーニングすることは”太陽”。


みんなでクリーニングしたら、
この世はどんどんきれいになる!

私の中にある弱さ・醜さ。
それは実は私自身ではない。
ただ感じているだけ。
自分のチューナーがキャッチした電波のようなもの。

だから見ないふりはもうしない。
泣きたかったら泣けばいい。
怒りたかったら怒ればいい。
もう悲しみを抑え込まない。
十分にその感情を味わったら言おう。
私自身に言おう。私の中のインナーチャイルドに。
人類の抱える悲しみを浄化するために。


  今まで見ないふりしてごめんね。
  あなたの声に耳を傾けてこなかったこと、許してね。
  クリーニングのチャンスを与え続けてくれてありがとう。
  私はあなたを愛しています。

  

Posted by 風の暦 at 17:10Comments(2)

2011年04月01日

ひとりはみんなのために

kaoriです。
ある人が、友人から受け取ったというメールの文章です。

================================
罪悪感にかられて日々を疎かにしないでください。
不謹慎という言葉を恐れて
人を笑顔にするのを忘れないでください。
どんな仕事であれ
いつもと同じ事を淡々と続ける事が日本の力になります。
================================

自分が被災しなかったことに罪悪感を感じること。
日常生活を送っていることに罪悪感を感じること。
罪悪感にさいなまれている自分を見つめよう。
戸惑っている自分を抱きしめよう。

遠くの被災者を心配すること。
心ここにあらずである、ということ。
子どもに、ダンナに、あの人にやさしくできないで
見知らぬ遠くの誰かにやさしくしようとしている。

自分の目の前のことから目を逸らさないで。
自分の目の前にことに向き合うことがみんなのためになる。

自分の中にある不安や怒りや憎しみや悲しみや淋しさを認めよう。
それらを見つめよう。
それらを抱きしめよう。
自分に言おう。
「私は自分が大好き。自分を愛してる。」

私がこれらの感情を慈しみ、自分を抱きしめる時、
遠くの誰かの不安や悲しみが軽減する。

私たちはつながっているから。

嫌いな自分から目を逸らさないで。
怒っている自分、落ち込んでいる自分の話しに耳を傾けて。
大切な人の話しを聞く時のように。
どんな内容であれ、にっこり笑って言おう。
「私はあなた(自分)が大好きだよ。」
笑えなかったら、指で口角をあげればいいのさ!

  

Posted by 風の暦 at 09:08Comments(0)